40代を過ぎると前髪がペタンとしてしまう6つの理由

「何だかこの頃前髪が決まらないなぁ」と思っていませんか?

以前はこんなことなかったはずなのに・・・。

今日は40代を過ぎると前髪がペタンとしてしまう6つの理由について書こうと思います。

ご主人様から「お前、この頃ハゲてきたんじゃないか?ほら、ここ。」

画像2

そう言われてあわててヘナのご予約をされるお客様がいらっしゃいます。

ハゲてはいないんですけどね…。笑

ただ、髪の毛が細くなってしまうとその密度自体が薄くなりますので確かに薄さは目立ちます。

根元に1センチ以上も白髪が生えた状態ではさらに地肌が禿げたように目に映ってしまったのでしょう。😣

きっと悪気はなかったはずですが、ご主人様からの問いかけはちょっとショックだったようです。

あなたも似たような経験をされていませんか?

それではまず、なぜ40代以降に前髪がペタンとしてしまうのか……?

その6つの理由を順番にお話しします。

40代を過ぎると前髪がペタンとしてしまう6つの理由

1、加齢

これはまず毛細血管が老化してしまうことが原因です。
頭皮はこの毛細血管を通して送られる栄養で健康なコンディションを保っているんです。

血管が老化しては充分な栄養が届かないわけですね。

2、栄養そのものの不足

そして食事内容はいかがでしょうか?

高脂肪な食事に偏ると血行が悪くなるのをご存知でしょうか?

ご自身でカラダの血行は充分だと感じていますか?

偏りすぎない事は何でも大切なんですね。

亜鉛や鉄分、ビタミンB12、ビオチンなどは不足すると髪の成長に影響が出てきます。お食事の工夫がやはりとても大切です。

お一人暮らしの女性はなぜかご自分ひとり用の食事だとついつい献立がシンプルになってしまう傾向があるようです。

ご家族の為だと色とりどりに作るのに、
「まぁこれで良いかな…。」
が続く時はちょっと気をつけてみてください。

かく言う私もよくやってしまっていますが…。😥

3、睡眠不足

眠っている間に分泌される成長ホルモンが健やかな髪を育んでいる事は以前にも記事に書いた通りです。

また就寝直前まで携帯画面を見ることもついついしがちですが、これも成長ホルモンの不足につながることがあります。

4、間違いだらけのヘアケア

「私、ドライヤー使わないの。」と言うお声を時々お聞きします。

「頭皮がかゆいから、ガリガリ洗っちゃうの!」

 こ、怖い…。💦😖

頭皮って思っているより薄いんです。

これらはどちらの行為もNGです。💦💦

私はヘナ専門美容師なので化学染料は使わないのですが、もしあなたが化学染料でのヘアカラーをなさっているようでしたら、頻度だけでも工夫してください。

5、発散できないままのストレス

このままの状態で過ごしていると自律神経に乱れが生じて、毛細血管が収縮してしまいます。
血流が悪くなって栄養不足に陥ります。

ストレスはホルモンのバランスにも影響が出て男性ホルモンが活発になってしまうことで、[結果として髪が細くなってしまう】と言うケースもあります。

6、隠れている病気

甲状腺疾患や鉄欠乏性貧血等はないですか?

髪は別名【血余】とも呼ばれ、血の余りとされています。
その人のカラダの状態を示していると考えられているわけですね。

髪のボリュームの問題としてだけではなく、他にカラダの内側に何か変化を感じていないかどうか、ちょっと意識をご自分に向けてみることも大切です。

============

それではこれら6つの理由に対して、生活の中でどんな見直しをしたら有効か?
そのポイントも書いておきますね。

今日は3つほどご提案しておきたいと思います。

太くてハリのある髪を取り戻す4つの見直しポイント

1、シャンプーの方法の見直し

頭皮ケア専門ブラシはお持ちですか?

ブラッシング→予洗い→泡立てた後のシャンプーで指の腹で揉みこんで洗う。

これがベストな洗い方です。

シャンプーで洗うのは

シャンプーとは髪ではなく頭皮を洗うこととお考え下さい。

すすぎは洗うときの倍の時間をかけてくださいね。
シャンプーを残さないようによ~く濯いで下さい。

薄くてペタンとする髪に使うなら優しく洗えるシャンプーを選ぶことも大切です。

アミノ酸系シャンプーが良いと思います。

2、食生活の見直し

先ほども少し触れましたが、高脂肪すぎるメニューには気をつけてください。

髪はタンパク質ですので、たんぱく質を摂ることはもちろん大切なのですが、ビタミン、亜鉛などのミネラルもとても大切です。

ビタミンはタンパク質を摂取するサポート役で、ミネラルは髪の主成分【ケラチン】を合成するときに必要です。

お肉、お魚、卵、海藻や牡蠣、果物、野菜など。やはりバランスがとても大切なんですね。

そしてお水をちょこちょこ取ることもとても大切です。コーヒーお茶も良いけれど、水や妻は体内の循環を良くしてくれます。

1時間ごとに100 CC位飲むと飲水のリズムがとても良いと思います。

画像2

私もあまりお水をゴクゴクとは飲めない方なので、一度に100CCくらいだと負担になりません。

お試しくださいね。🍀

3、睡眠の見直し

眠ってから3時間以内に出る【成長ホルモン】を味方につけましょう。

体力に見合った運動も血行促進で快眠につながります。

ついついベッドの中でまで見てしまう携帯などの画面ですが、代わりに昔みたいに静かに本を見るのも良いかもしれません。

画像3

4、夕食の量の見直し

そして夕食の量を少なくするのも1つの工夫ですね。

夕飯多めはアーユルヴェーダで言うアーマ(毒)となってしまいます。(-_-;)

夕食の量とはちょっとお話がズレはしますが、お酒が大好きな方の
寝しなのお酒はNGです。✖

入眠はしやすくなったとしても、深くは眠れない原因になってしまいます。
どうしてもお飲みになりたい方は、眠りに差し支えないお時間帯に
召し上がってくださいね。(^^♪

今日の記事に関連する過去記事はこちらです。
よろしかったら一緒にご参考にされてくださいね。↓↓↓

まとめ
今日は40代を過ぎると前髪がペタンとしてしまう6つの理由と、太くてハリのある髪を取り戻す4つの見直しポイントについて書きました。

若々しさの表現は前髪の太さでグンと違ってきます。
毎日の生活の小さな見直しは、本当に価値があります。

細くなる髪の裏側に【隠れた病気がないか?】をチェックした後は、コツコツと工夫を続けてみてくださいね。

あなたの髪を知り尽くす美容師さんに「私に必要なシャンプーはどれですか?」と聞いてみてください。

きっとあなたに最適なシャンプーを選んでくれるはずです。💛

============

今日も読みに来て下さってありがとうございました。

コメントには新たな気づきが頂けてとても感謝しています♪

本当にありがとうございます!🍀

関連記事

  1. ダイエットをする前に知っておきたい抜け毛と栄養の関係

  2. 頭皮乾燥を引きおこす3つの原因

  3. ご主人様の頭皮のニオイを改善に導く2つのコツ

  4. 白髪をもう一度黒髪に戻せる3つの秘訣

  5. 若い女性が薄毛になる6つの原因

  6. 感染していないのにコロナ脱毛に悩むあなたへ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。