アーユルヴェーダ・シロダーラ

皆様こんにちは。

いよいよ月が変わって、はや10月になってしまいました。

1月は行く、2月は逃げる… 9月は逃げなかったはずですが、今年は逃げました。💦💦💦

「毎日が慌ただしすぎて…(・・;) 」と言う気分を放っておくと何かと良くないので、今日は思いきってお仲間のダーリストさんに「シロダーラ」と「ボディートリートメント」を依頼しました。

(ダーリスト=日本シロダーラ協会認定のシロダーラ技術者です。)

私のようにじかにお客様のお身体や頭に触れる人間は、自分のエネルギーを落とした状態でいてはいけません。

「癒す」と言いながらお客様のエネルギーを奪ってしまう事になります。
安定した気持ちと充電完了の身体でいることが大切だと思っています。

--この記事からお読み下さる方のために、軽く自己紹介をします。ーー

私はアーユルヴェーダ美容に特化した技術をご提案していて、縁あるお客様の「身体と心と頭皮頭髪の健康」を目指す美容師です。

髪を切るだけではなくて、見落としがちな「脳の疲労」に着目し、その司令塔としての機能を上げることをミッションとして、「最高のシロダーラ」を施すことを心がけています。

完全予約制・女性専用のプライベートサロンですので、残念ながら1日に
たくさんの施術ができませんが、ご縁を大切にしながら今年で開業60年を迎えています。

ご予約は大体1ヵ月以上先となることが多いです。
大変ご不便をおかけしております。🙇
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて本日私も受けてきた「シロダーラ」ですが、まだあまりご存じない方も多いようです。

アーユルヴェーダと聞くと額にオイルを落とすあの映像をイメージされて、アレ自体がアーユルヴェーダだと思っている方がたくさんいらっしゃいます。

実は医学、ヨガ、アロマ、薬膳、ファスティング、占星術、宗教哲学、トリートメントを全て包括した「5000年の歴史ある生命科学」全体のことをアーユルヴェーダといいます。
「シロダーラ」は多種類あるアーユルヴェーダトリートメントの中の
ひとつの技法です。

「シロ」が頭・「ダーラ」が流すと言う意味で、リンパ管が存在せず
ゴミが溜まりがちな脳を唯一デトックスできるパワフルなトリートメント技法です。

アーユルヴェーダでは浄化を大切な軸としていますが、その中でも「アーユルヴェーダの王様」と位置付けられている貴重なトリートメント技法。

ゴミを溜め込んだままの状態で、脳が身体の隅々まで司令を正確に出せるでしょうか?

どんなに疲労が溜まっていても、肩や腰のように外側から揉んでほぐす事が出来ないのが脳ですね。

脳髄液に優しく守られて、プッカリと浮いている「お豆腐の硬さ」しかない脳を揉んであげるには額の外側から4〜8Hz以内の水流を落とすくらいの刺激がベストです。

池にポチャリと石を落とした時に、周りに波紋が広がるのを想像できるでしょうか?

紐を伝って額に落ちたオイルの周波数が「額のそのまた奥で脳髄液に浮いてる疲れた脳に届く」と考えて頂けばイメージがつきやすいですね。

眠ってしまってはいないけれど深いリラックスの状態。

脳をまどろんでいるような瞑想状態に導くには4〜8ヘルツ以内の周波数でオイルを落とす技術が必要です。
この状態でやっと導き出せるのが、シータ波です。

やすらぎの脳波としてα波が有名ですが、
α波状態でも8~13ヘルツと言う周波数になります。

非常に繊細な技術で施術中この周波数をコントロールし続けます。

額に流すオイルは全くベトつきのない水溶性。
粘度が高すぎては現代人の脳には負担が大きすぎます。

ストレスの高い現代人の脳に負担のない粘度にしたオイルを、狙った第6チャクラに垂らし続けます。
(第6チャクラとは直感力を上げたり、脳が深く安らぐツボです。)

この第6チャクラは人によって位置が違い、それを的確に探し出すのもシロダーラ技術者の大切な仕事です。

頭皮からの排毒を促しつつ、有効成分はしっかり取り込む設計の水溶性オイルをしっかりと使って行きます。

有効成分とは…

1、セサミオイル
2、ヒアルロン酸
3、フルボ酸
4、朝鮮人参

フルボ酸で排毒を促し、ヒアルロン酸で保湿をし、プラチナで皮脂の酸化臭を軽減して、朝鮮人参で血流促進。
セサミオイルは各有効成分を効率よく吸収させる働きです。

日本シロダーラ協会が日本外来精神医療学会においても、
「非薬物的治療としてのシロダーラ」の大きな可能性について講演をしています。

シロダーラは、インド国立病院では不眠、アンガーマネージメント、脳下垂体ホルモン異常、慢性疲労症候群、自律神経失調症、副腎疲労症候群、不妊、更年期障害、頭痛を始めとするストレス疾患、アトピー等の皮膚病、自己免疫疾患などに今現在も処方されている治療法です。
今日お伝えしたかったのは、シロダーラがたまの「贅沢リラクゼーション」ではなく、健康法として継続利用する価値のある技術であると言うことです。

【プレビュー】私がシロダーラを広めたい本当の理由|ゆう@アーユルヴェーダ・癒やし・健幸ナビゲート美容師|note
皆さんはシロダーラをご存知でしょうか?たぶんご存じの方の頭の中に浮かんでいる映像はこんな感じでしょうか?「キレイな女性がエ
note.com
実際にシロダーラ中に、脳波がどんなふうに変化するのかも簡易測定しています。

こんな様子です。

画像1

画像2

私の実感としては、シロダーラは視力と思考がクリアになると言う点と睡眠の質向上と言う点において特に高い効果を感じています。
(個人個人で差はあります。)

お医者さまに「病気では無い。」と診断されながらも、毎日ツライまま頑張らなければならない沢山の女性たち。

私にもそんなツライ身体を引きずっていた時期がありましたから、良くわかります。

そう言う女性たちのチカラになりたいと願っている私には、シロダーラは外せない技術です。

過去にツラかった女性たちの経験を「40代ゆらぎ世代あるある」にして終わらせては本当にいけないと思うんです。
女性の容姿を整え、ワクワクとオシャレを楽しんで頂く事はとても大切です。❤️

けれども軽やかなココロと、疲労しても回復可能な身体があってこそのオシャレですものね。✨✨✨

1回30分の施術で、少しでも「健幸」で快適な生活に戻って頂けるのなら・・・と毎日頑張っております。☺️

今日受けてきたシロダーラでも、とても頭の中がクリアになり、気持ちが静かなりました。
いつも眠りが深くなります。😴

たまにはゆっくりすることも大事

To doリストを見ても、ココロに焦り💦💦💦を感じない。 🤣 笑笑

明日も気持ち新たに晴れやかな朝が迎えられそうです。🤗🦜☀️💐☕️

今日も一日お疲れさまでした。🍀
読んで頂いてありがとうございました。

関連記事

  1. アーユルヴェーダの食事(カパ編)

  2. アーユルヴェーダ・ドーシャのお話し

  3. アーユルヴェーダの食事(ピッタ編)

  4. アーユルヴェーダで免疫力を上げる方法

  5. アーユルヴェーダで考える不安・対処法

  6. 食欲の秋に...ちょっとだけ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。