私がシロダーラを広めたい本当の理由

皆さんはシロダーラをご存知でしょうか?

たぶんご存じの方の頭の中に浮かんでいる映像はこんな感じでしょうか?

「キレイな女性がエステベッドに横たわり、近くに吊るしてあるオイルスタンドから垂れてくるオイルを眉間に受けてリラックスしている姿。」

優雅で贅沢な、時々作る自分へのご褒美タイム・・・。

「聞いたことない」と言う方も多いかもしれません。

特に男性には認知度が低いかもしれません。

身の周りの男性はあまりご存じないケースが多かったです。

でも実はインド、スリランカで5000年も前から伝承されている医療体系「アーユルヴェーダ」の

様々な予防医療メニューの中でもトップオブアーユルヴェーダと評価されているメニューなんです。

確かに優雅で贅沢なメニューとしてのイメージが有り、

日本ではエステ店で紹介されるメニューのひとつとして捉えられていますよね?

でも私はシロダーラは社会を豊かで幸せにする大切な予防医療だと思っています。

大げさに聞こえますか?

私はけっこう真面目にそう思っています。

現代人は様々なストレスにさらされ、その影響を受けてつらい体験をしている人がたくさんいます。

身の周りにいくつもそんな話があります。

ストレスを受けた本人だけではなく、その家族の人生まで一変する。

たぶん皆さんもすぐに思いつく事例があることでしょう。

私が知る限り,疲労している脳に外側からアプローチしてストレスを軽減したり

心を落ち着かせたりできる技術はシロダーラの他に無いんです。

森林浴もかなり効果的だし、大自然にふれることは勿論とてもリラックスするけれど、それは技術ではないですね。

それに街中に居てはその恩恵を享受しにくい。

シロダーラ技術を身につけたダーリスト(技術者)は、正確に4~8ヘルツにコントロールしながら

オイルをマルマ(ツボ)に落とし,脳にシーター波を発生させます。

シーター波について少しだけ説明すると・・・。

シーター波は記憶を司る海馬付近から生まれます。

そしてシーター波が発生すると、脳内からアセチルコリン(神経伝達物質)が分泌されます。

アセチルコリンは認知症になると減少してしまう物質ですね。

アセチルコリンが減少してしまうアルツハイマー型認知症の患者さんには、

アセチルコリンを分解してしまう役割を持つ酵素「アセチルコリンエステラーゼ」が働かないようにと、

その作用を阻害するお薬が処方されます。

「アリセプト」、有名ですよね...。

もしも認知症になる前にシロダーラを受け、定期的に脳内にシーター波を発生させることが出来たら

認知症やうつ病で辛さを味わい、更に家族ごと苦しい経験をしなくて良いと思うんです。

少しだけシーター波の大切さについて感じ取って頂けたでしょうか?

アルファー波は少しリラックスすると比較的出やすいのですが、

シーター波ともなると高僧が瞑想をするときの脳波状態ですから、残念ですが一般人においそれとはコントロールできないのです。

心から信頼できて、あなたの大切な脳を任せられるダーリストさんとの出会いを大切に二人三脚で脳の健康を維持してくださいね。

そして生活上の自己防衛も忘れないでください。

この国ではその手厚い医療制度の下、すぐに医療機関に駆け込めます。

少し様子を見てからでも間に合う症状、あるいは自己管理でコントロール可能な症状に対してでさえ、

ホントにすぐにお薬を頂けるんですね。

そしてまた、日常の食事の中から知らぬうちに口にせざるを得ない添加物。

高齢になると体力が低下してしまい、毎日の食事の素材の下ごしらえに手間暇かけるのが大変になりがちです。

で、スーパーやコンビニのお惣菜に手が伸びる。

過剰な服薬、諸々のストレス、山盛りの添加物、こうしてさまざまな理由で脳に溜め込んだ不要なゴミは、

残念ながら置き去りになっているんです。

「え?自然にデトックス出来ないの?」

悲しいことに、脳にはリンパ管が無いんです。

こんな風に脳が多くのストレスを受けてしまっていても、デトックス出来ずにいるのは紛れもない事実。

そしてそのストレスが脳内の神経細胞に炎症を引き起こす一つの要因だと分かってきています。

もしかしたら、この研究がさらに進んで、うつ病の発症機序が解き明かされるようになるかも知れません。

心からそう願いたいです。

その上、何と脳は一日に平均9000回の意思決定をしています。

もう本当に涙ぐましい働き者なんです。

忙しくしていると、ここに脳がある事を意識すらしないのですね。

それでも、脳が幸せで充実した人生を送る要である事は間違いない事実です。

どうかどうか、大切にいたわってくださいね。

最後にチョットだけ予告編を...

脳に溜め込んだ不要なゴミを、外側からの技術でアプローチするシロダーラに対して、

ハーブで内側から不要なごみを追い出すデトックス法があります。

今後しばらくじっくりとこのデトックス法と向き合い、皆様にご報告が出来るようにしたいと思っています。

先月は腸のデトックスを、今月は月末に肝臓を。ゆくゆくは腎臓や血管、順序を踏んで脳までデトックスして行きます。

少しづつ経過のご報告をして参りますので、時々覗きにおいでくださいね。

それではまた!

関連記事

  1. あなたの脳を守る眠り方

  2. あなたの脳疲労と自律神経の関係

  3. 何歳からでも有効な【脳の活性化】を促す4つの工夫

  4. 脳の働きを改善する食事について

  5. 脳疲労のサインに気付いていますか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。